高温多湿期の注意


暑中お見舞い申し上げます。

 高温多湿期はケミカル品にとって様々なトラブルが発生する時期です。
高温による、成分の分離や粘度変化、空気中の湿度吸収による物性変化などを避けるために
保存の際はしっかりと蓋を閉め冷暗所にて保存下さい。

設備機器も高温多湿期は過熱、漏電などトラブルが多く発生します。
過負荷を避けるために、日常点検、機器の清掃を励行してください。

作業者の皆様は体調管理に努め、こまめに水分補給をし、熱中症に気をつけて下さい。